巡音ルカ「DYE」とKAT-TUN「NEVER x OVER」のまとめ

巡音ルカオリジナル「DYE」とKAT-TUNの「NEVER x OVER」が起こした一連の騒動のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一連の騒動をまとめてみた

更新情報:2011年01月22日 updata DYE作者の収束宣言 ←NEW!!
ブログのTwitterアカウントです。新情報や更新があった場合つぶやきます!フォロー・拡散お願いします!

はじめに
・この騒動は然るべき対処をする事前提に、解決した模様です


【最新の動き】2011年01月19日現在
☆AVTechNO氏側:騒動の収束を宣言する内容を追記 http://39miku.seesaa.net/ (1月19日)
☆ジャニーズ側:当事者間の協議で一定の対処をした模様


【問題点】※一部偏りのある文言を削除・訂正しました
・双方の楽曲が非常に似ている点
・AVTechNO氏の楽曲掲載が2月なのに対し、KAT-TUN側の楽曲発表は11月である点
・上記のように後だしで尚且つ類似していながら、営利目的の販売をしている点


  ←KAT-TUN側                巡音ルカ側→





① 事の発端~序章
【2010年11月30日03:36】 → 巡音ルカオリジナル「DYE」の作曲者「AVTechNO(アドバンステクノ)氏」のブログに
「自身の音楽と類似したものがある」と書かれた事が発端である。これを見た、AVTechNO氏のファンの人たちが主に
Twitterを通して、情報の拡散を行う。

【2010年11月30日04:58】 → ブログの情報を元に、問題となっている2つを合わせて比較する動画が登場。
投稿時間が朝だった為か、その時点ではそれほど伸びを見せない。(動画URL:http://nico.ms/sm12897980)

【2010年11月30日朝方】 → AVTechNO氏のブログやTwitterの情報を見た、他のボーカロイド製作者(ボカロP)達が
この案件に触れるツイートを行う。(主な発言まとめたもの:http://togetter.com/li/74116

~ここからは、ゆるやかに情報が広まりつつも目立った動きはない~

② 盗作疑惑
広まっていった情報は、徐々に事が大きくなり「2ちゃんねる」や「Twitter」で拡散・議論が活発になる。
事を大きく動かしたのが、Yahoo!トップニュース掲載である(http://bit.ly/hq0ygm
情報を得た人が双方の楽曲を聞き比べ「盗作疑惑」を指摘する声が高まる
そこに「2ちゃんねるのまとめブログ」や「ミクシィニュース」・「ニコニコニュース」に相次いで掲載された事によって
爆発的に広まっていった。

③ 対立※正確性に欠ける内容の訂正
言い逃れができない程「酷似」していると話題になったこの2曲。当然、双方の熱烈的なファンが見過ごす訳無かった。
手軽に双方を比較できる動画を土俵にして、双方の意見が激しくぶつかり合う。
その効果や、外部サイトに貼り付けられた事もあって、比較動画の再生数が飛躍的に伸びる。
この対立は動画だけでは収まらず、KAT-TUN側の楽曲が掲載されている「Youtube」に広がり動画に対するコメントが
爆発的に増え、最終的に投稿者が「非公開」にする事態に。
また、KAT-TUN側CDに対する評価コメントにまで対立の構図は広がっていく。


④ 波及効果※客観性の欠けた内容の訂正
【比較動画】→各比較動画共に、騒動をキッカケに伸びを見せる。なかでも主な土俵となった動画は
1日で35万。2日で59万再生に達し、週間ランキングでは94万ポイントと、5月第4週のボカロオリジナル曲(119万)に次ぐ第2位の記録である(暫定)
驚異的な記録
↑クリックで拡大。初日のデイリーランキングは関心の高さを表す

【AVTechNO氏ブログ】12月2日現在:コメント数が約2500件に達する(前日比:+1000)

【アマゾンレビュー】KAT-TUN側の関連商品のカスタマレビューが☆1評価が出始める

【歌ってみた・PV動画】この騒動より前の5月に投稿された歌ってみた動画が騒動をきっかけに再浮上・再評価
また比較にしようされたPV動画も当初比較側にリンクがあった為か再生数が伸び+10万再生となった
※指摘があった為比較側がリンクを15時間ほどで消去
波及効果の推移
↑クリックで拡大。某歌ってみたランキングの推移

【アマゾンMP3ランキング】MP3音楽データのダウンロードランキングで「DYE」が1位を記録する

【電話による直接問い合わせ】ジャニーズ事務所に対し事実確認の問い合わせを行った結果
1.事務所では対応できない   2.即切られる   3.時間内なのに繋がらない  4.ゼロ回答。通報先を教わる
 

【海外の反応】 http://study4e.seesaa.net/article/171440927.html
Youtubeに投稿された比較動画を見た海外からの反応を和訳

【メディアの反応】http://www.ytv.co.jp/asapara/kensaku/index.html
あさパラ!という番組の「Yahoo!急上昇ワード」というコーナーで2秒程TVが報じる
報道内容:「KAT-TUNのカップリング曲が注目されている」と報道



⑤ 不確定な情報
※⑤で書かれた内容は確定していませんが、広まっているので周知の為、書きます。

【クリプトンによるKAT-TUNサイドを著作権侵害で提訴する方針】
・誤報の可能性大。公式の発表がありません。不確定情報の拡散要望に注意

【KAT-TUN側の編曲者Hans Johnson氏について】・韓国籍の人であるという情報は信頼性に欠けているとの指摘があり掲載。要出典

【KAT-TUN側の作曲時期】
・KAT-TUN側の作曲時期は2月よりも前であり、DYE側がパクりである。この情報は妄想の域を出ていません。要出典

【AVTechNO氏のコンペ出場】
・AVTechNO氏はジャニーズ主催の楽曲コンペに出ており、そこで不採用のような流れになった為ニコ動へ投稿。
その後ジャニーズ側から採用通知が来たため急遽動画削除。ジャニーズ側はAVTechNO氏を保護するため
情報を伏せている。こちらも信頼できる情報元がありません。


各まとめリンク先

http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52405087.html(2ちゃんねるまとめ)
http://bit.ly/hq0ygm(Yahoo!ニュース)
http://dic.nicovideo.jp/a/avtechno(AVTechNO氏について)
http://ja.wikipedia.org/wiki/KAT-TUN(KAT-TUNについて)
http://www.kottolaw.com/column_100823_1.html(著作権侵害の判断基準と判例)



スポンサーサイト
  1. 2010/12/01(水) 05:07:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。